結婚相談所のサービスでお悩み解決 結婚の悩みは早期に解消しよう
結婚相談所のサービスでお悩み解決
やっぱり相手は高収入?
筆者の古い友人には、収入が同年代の女子より高く当人の気質も堅実で、働き始めてから数年しかたっていない20代前半の時に定期預金を数百万作った(現在ではさらに増えている模様)強者がいる。彼女に結婚相手の条件として収入が気になるかと聞いてみたところ、「働いてれば構わないわよ、いざとなったら相手に家事をしてもらって私が家計を支えるから」と何とも気持ちのいい答えがスパンと返ってきた。
しかし、世の中の女性すべてがここまでしっかりしているわけではない。妊娠、出産や老後のことを考えるとできたら相手の収入が高いに越したことがないと言うのが本音だろう。結婚相談所のサービスの中で収入の高いエグゼクティブとのお見合いができるコースの人気が高いのもうなずける。
女性でもある程度の年齢になると、正規、非正規自分の仕事を持っていることが少なくない。彼女たち働く女子は自分の収入があるから相手の収入額に寛容なのかと言えば、実はそうではない。働いてお金を稼ぐことの辛さを知っている彼女たちはお金の価値をもよく知っているため、相手の年収にもシビアになりがちだ。
30近くなると自分の身の丈もよく心得ているため1000万、それ以上と言ったハイレベルの条件は望まないが、出来たら平均的な収入の相手と結婚したいと言う人が多い。また、低収入よりも嫌われる傾向にあるのが定職につかず、ふらふらする人だ。いつ収入が途切れるか分からないのに求婚しても無責任だとしか思われない。公務員や大学教授、医師などが結婚相手として好まれる理由は収入の高さは勿論、その職の安定性にある。思い当たるところがある人は、婚活よりもまず就活をした方が良いようだ。

Copyright (C) 結婚相談所のサービスでお悩み解決 結婚の悩みは早期に解消しよう All Rights Reserved